MENU

モビットは竹中直人さんや夏菜さんのCMでもおなじみの大手消費者金融です。
電話連絡なし・郵送物なしで申込も利用も可能なWEB完結申込が人気のカードローンで、2015年9月28日より金利と限度額とが銀行カードローン並みのハイスペックに改訂されました。

 

金利を他のカードローンと比較

モビットの金利は最近新しくなり、消費者金融ではずば抜けて低金利な3.0%〜18.0%になりました。
これだけの低金利のカードローンは消費者金融で他にありません。

 

ただし、下限金利は大幅に下がりましたが上限金利をみますと18.0%と変わらずなので、何百万円と高額な融資を受ける場合には影響がありますが、50万円以下など小額の借入の場合にはあまりこれまでと変わらないと思っていていいでしょう。

 

限度額を他のカードローンと比較

モビットの限度額も金利と同様最近新しくなり、こちらも消費者金融のなかではずば抜けた高額設定、最高800万円までとなりました。
800万円は銀行カードローンと比較してもかなり高額な部類です。

 

しかしこちらも、モビットは貸金業者ですから総量規制の影響を受けるため、実際に借りられる額は自身の年収の3分の1までとなってしまいます。

 

審査の早さと即日融資を他のカードローンと比較

モビットの審査は最短30分とたいへんスピーディーで、クチコミでもモビットの審査の早さにはかなりの定評があるようです。
また14:50までに振込手続きを完了すれば、当日振込も可能になります。

 

モビットの場合、お急ぎであれば、ネットから申込後、フリーダイヤルに急ぎの旨を電話で相談し、振込融資あるいはローン申込機でのモビットカード発行が最速の融資方法となります。
フリーダイヤルの受付時間は9:00〜21:00、ローン申込機は平日はもちろん土日祝日も営業しており、営業時間は21:00までとなっています。

 

営業時間は設置場所により異なりますので詳しくは公式サイトにてご確認ください。

 

申込方法を他のカードローンと比較

モビットでは、ネットでの申込の場合通常の申込方法の他に、申込みから利用までネットで完結するWEB完結申込があります。
電話連絡なし・郵送物なしが最大の特徴で、在籍確認が電話だと困るという方、自宅に郵送物を送られたくないという方にもぴったりです。

 

利用に当たっては三井住友銀行または三菱東京UFJ銀行に普通預金口座を持っていること、そして全国健康保険協会発行の保険証(社会保険証)、もしくは組合保険証を持っていることが必要となります。
提出書類も本人確認書類のほか、収入証明書類、勤め先を確認できる書類などと必要書類が多いですが、これらの条件をクリアできる方にはとてもおすすめな申し込み方法です。

 

おすすめ記事
カードローン比較完全マニュアル|失敗しない!おすすめカードローンの選び方とは?